便利でお得な浄水サーバーが人気!宅配式との違いやメリット

目次


ウォーターサーバーと言えば、ウォーターパックが配達される宅配式のウォーターサーバーをイメージする人が多いでしょう。

自分で買いに行かなくても、自宅まで届けてくれるので、手軽に美味しいお水が飲めると評判になっていますよね。

加えて、最近人気がアップしてきているのが「浄水サーバー」です。

こちらは水道にホースを直結して浄水にするタイプもあれば、タンクに水道水を溜めて使っていくタイプもあります。

宅配式のウォーターサーバーとは異なるメリットや特徴がありますので、早速こちらで押さえておきましょう。

今回のテーマは「便利!浄水サーバーの魅力と宅配式との違い」です。

この記事は、こんな人におすすめです!

こちらの記事は、このような方におすすめです。

  • 浄水サーバーという言葉を聞いたことがある
  • ウォーターサーバーと浄水サーバーの違いが分からない
  • 浄水サーバーが使い放題ってどういうことか気になる人
  • 浄水サーバーのメリットについて知りたい
  • 美味しいお水が飲みたい
  • 水にはこだわりたい

浄水サーバーってどんなもの?2タイプあります

浄水サーバーとは、水道水を美味しい浄水にすることができる便利なアイテムです。

浄水サーバーと言うのは、あくまでも総称であり、実際には2つのタイプに分かれています。

ここでは「水道直結型浄水サーバー」と「水道水補充型サーバー」について詳しくお話をしていきます。

以下に、タイプ別にご紹介していきます。

お選びになるときの参考にしてくださいね。

タイプ1.初期工事が必要!水道直結型浄水サーバー

ウォーターパックを取り付けて使うウォーターサーバーとは違い、水道直結型浄水サーバーは、自宅の水道管を分岐させる初期工事をおこない浄水サーバーを接続するタイプです。

リビングにウォーターサーバーか独立して置いてあるタイプではなく、水道管を分岐させているため、卓上タイプが多いです。

いちいちウォーターパックを取り替えなくてもいいですし、家族が多く毎日たくさんのお水を使うときには、水道直結型の浄水サーバーはとても便利です。

飲み水としてだけではなく、野菜を洗うときでも、お素麺のおつゆを水で割るときでも、気兼ねなく何でも使えるのでとても使い心地が良いでしょう。

少なからず、デメリットもある

ただし、直結型の浄水サーバーを選ぶ前に知っておくべきデメリットもあります。

水道管を分岐させる初期工事が必要ということは、撤去するときの工事も必要となります。

それゆえ、お仕事上引っ越しが多い方は、その度にコストがかかってしまうことを知っておきましょう。

契約期間が比較的長いメーカーが多いので、ホースに雑菌が溜まる可能性も否めず、定期的なメンテナンスはきちんとおこなう必要があります。

最近では地震や台風などの災害が立て続けに起こっているため、ウォーターサーバーのお水を備蓄用に考える人も増えていますが、水道直結型のため、こちらの浄水サーバーに関しては備蓄の役割を要しません。

水道が止まってしまえば、こちらの浄水サーバーも使えなくなります。

直結型の浄水サーバーは企業におすすめ

会社にウォーターサーバーを設置して、社員が自由に使用できるようにしているところも多いです。

しかしながら、どうしても使用量が多くなるため、注文する手間、交換する手間、そして保管用のウォーターパックの場所が必要となってきます。

でも、水道直結型にすれば、いつでも美味しいお水が飲み放題なので、社員の人数が多くても尽きることはありません。

あらゆる手間やコストをカットできるので、引っ越しなどがほとんどない企業用としては、おすすめなのです。

タイプ2.使う分だけをいれる!水道水補充型サーバー

2つ目のタイプとしてご紹介するのが、水道水補充型の浄水サーバーです。

こちらは名前のとおり、水道水をタンクにいれて、その都度浄水するタイプとなります。

水道直結型と違い、タンクに入ってる分だけは備蓄用に回すこともできますが、ウォーターパックのように大量の水を保管しておけるわけではないので、緊急災害時の備蓄用と考えるのは、少々不安です。

水道直結型の浄水サーバーと違い、無くなったら補充しなければいけない手間もかかりますし、タンク内を常に清潔に保っておく必要もあります。

水道水補充型の浄水サーバーを使用する場合には、定期的にお掃除ができることが鉄則です。

一度にたくさんの水を使用したり、企業内に設置して多くの人が使用する場合には、補充型の浄水サーバーを選んでしまうと、とても手間がかかってしまうことでしょう。

以上、浄水サーバーの2つのタイプをご紹介しました。

水道直結型の浄水サーバーと補充型の浄水サーバーには、手間という観点でとても大きな違いがあります。

飲み水以外にも、調理や洗顔などさまざまな用途に使う予定があるのなら、使い放題の水道直結型の浄水サーバーが便利です。

また、どちらの浄水サーバーも、きちんとメンテナンスやお掃除をして、清潔な状態に保つことがとても重要!

水は腐らないと勝手に思い込む人も多いのですが、水も食べ物と同じように雑菌が繁殖することをお忘れなく。

メーカーによっては、お手入れがしやすいような構造になっていたり、特殊なフィルターの構造になっていたりしますので、是非比較検討をしてみてください。

毎日に生活に浄水サーバーが加わったらどう変わる?

水道水を飲んだり、料理に使うのが当たり前になっている方にとって、ウォーターサーバーや浄水サーバーは本当に必要なものなのかどうか迷ってしまいますよね。

でも、毎日の生活に浄水サーバーがプラスされると、確実に良い方向に変わっていくことは事実です。

さて、毎日に生活に浄水サーバーが加わったらどう変わるのでしょうか?

変化1.水道水よりも確実に美味しいお水が飲める

あなたが住む地域によっては、水道水がおいしく問題なく飲めるという人もいるでしょうし、水道水が不味く感じて飲めないという人もいるでしょう。

どちらの場合にしても、浄水サーバーを使えば、水道水よりも確実に美味しいお水を飲むことができます。

浄水は、水道水を飲んだときにどことなく感じる塩素臭さや泥臭さ、渋味などはなく、清潔で美味しいお水を飲むことができます。

浄水サーバーから、美味しい水が生まれる理由

浄水サーバーの本体内には、とても性能が高いろ過装置が付いていることがほとんどです。

ですから、水の分子以外の不純物までキレイに取り除いてくれるので、何の心配もいりません。

これが普通の水道水が浄水サーバーを通すことによって、グンと美味しくなる仕組みです。

変化2.水へのこだわりがある人でもお得なウォーターライフが実現

「飲み水にはこだわりたい」「子供のミルク用においしく、安全なお水を準備したい」という人には、浄水サーバーをおすすめします。

ウォーターパックを補充するタイプのウォーターサーバーは、使った分だけのお支払となり、たくさん使った時は、支払い金額も大きくなってしまいます。

しかしながら、浄水サーバーは定額であることがほとんどのため、支払い額が決まっているので、使っていてもどこかに安心感があります。

ただし気になるのは、毎月どのくらいのお金がかかるかということですよね。

浄水サーバーにかかる費用は、メーカーごとに違いますが、月4,000円~7,000円位と言われています。

どんなサービスを受けるかによって、月額料金も変わりますので、契約時にきちんと吟味する必要があります。

変化3. 水の温度調節が自由にできる

冷たいお水が飲みたい時もあれば、温かいお水が飲みたいときもあります。

浄水サーバーがあれば、冷水、温水、機種によっては常温水もすぐに出すことができます。

天候や体調によって、飲みたいお水の温度も違ってくるでしょうから、そのような場合に便利に飲み分けできるのはいいですよね。

浄水サーバーと宅配型のウォーターサーバーはココが違う!

浄水サーバーとウォーターサーバーの情報がごちゃごちゃになって、違いがよく分からないという人も少なくありません。

浄水サーバーは水道水をフィルターを通してろ過することによって浄水にするもの、そしてウォーターサーバーは市販のウォーターパックを購入して、それを本体に差し込んで使用していくものです。

根本的な違いは上記の通りですが、他にも違いがあります。

早速、見ていきましょう。

違い1.浄水サーバーは、天然水は飲めない

ミネラルウォーター

浄水サーバーのお水は、きっと満足して頂ける美味しさです。

しかしながら、どう頑張っても水道水をろ過して浄水にするものであり、天然水ではありません。

お水を選ぶときに、自然のミネラルが豊富に含まれてい天然水にこだわりたいのなら、浄水サーバーる天然水にこだわる人がいますが、その場合は浄水サーバーでは対応できません。

ウォーターサーバーを選び、採水地などを吟味した上で、お気に入りの水をお探しください。

採水地によって、ミネラル含有量も飲み心地も違うので、人によっては水道水をより上質にしたものでも、満足できないと感じる方もいるでしょう。

やはり、天然水には天然水の良さや美味しさがありますものね。

どうしても天然水にこだわりたいのなら、浄水サーバーは選ばないでください。

違い2. 毎月のコストが違う

浄水サーバーは、定額制です。

しかしながら、ウォーターサーバーは定額制ではなく、使った分だけの請求となります。

それゆえ「今年の夏は暑かったから、ビックリするくらいウォーターサーバー代がかかってしまった!」というケースも少なくありません。

浄水サーバーなら、定額料金の中にメンテナンス代も含まれていることがほとんどですから、毎月どれだけ使ってもコストは同じ!

毎月の固定費として、家計の管理もしやすいというメリットがあります。

家族が多い、会社で契約をする、水の使用量を気にしたくないという人は、浄水サーバーにした方が気楽にお使い頂けるかもしれません。

違い3.初期工事が必要かどうか

浄水サーバーの中でも、水道直結型の場合は、初期工事が必要となります。

難しい工事ではありませんので、取り付けも簡単に行えますが、やはり専門業者にやってもらわなければなりません。

初期工事は別途料金をとられる場合がほとんどですし、取り付けに工事が必要であるということは、取り外しの時にも工事が必要であるということです。

ウォーターサーバーの場合も設置のために、専門業者の手が必要ですが、工事とまではいきません。

初期工事が必要かどうかも大きな違いになることは、間違いありません。

違い4.浄水サーバーは卓上型の種類が多い

アクアクララとは?

ウォーターサーバーはリビングに独立して設置するタイプのスタンド型がほとんどですが、浄水サーバーの場合はキッチンの空きスペースに設置できる、卓上型がほとんどです。

スタンド型もないわけではありませんが、浄水サーバーの主流は卓上型です。

なぜなら、浄水サーバーは水道水を使用するものなので、蛇口との距離が遠くなってしまうと、ホースを伸ばすことができません。

そのため、卓上型の浄水サーバーが主流になっているのです。

蛇口とは離れた場所でサーバーを設置したいなら、ウォーターサーバーをおすすめします。

違い5.引っ越しの際の手間

引っ越しをする予定がある人、出産里帰り中にウォーターサーバーを契約して自宅に戻ってからも契約し続けたいと思う人は、初期工事が必要な浄水サーバーではなく、ウォーターサーバーをおすすめします。

初期工事が必要だと引っ越しの度に費用が掛かってしまうので、コスト面でマイナスです。

しかしながら、ウォーターサーバーなら業者の設置だけで済むので、引っ越しの時でも手間になることはありません。

メーカーによっては、ママサポートプランというものがあり、里帰り出産で済む場所が変わっても解約金などの変更なしに引き続きプランを使うことができます。

ですから、転勤族のご家庭、1人暮らしで引っ越しの予定がある方は、初期工事・撤収工事の必要ないウォーターサーバーをおすすめします。

違い6.浄水サーバーの方が雑菌が繁殖しやすい環境を作りやすい

水道直結型の浄水サーバー、貯水型の浄水サーバー、ウォーターパック交換型のウォーターサーバーの中で、どのタイプが一番雑菌が繁殖しやすいと思いますか?

お手入れを怠ってしまった場合を想定すると、一番雑菌が繁殖しやすいのは「貯水型の浄水サーバー」です。

なぜなら水道水を自分でタンクの中に溜めて使っていきますので、タンク内に雑菌が繁殖したりカビがある状態だと、どうしてもキレイな水が作られなくなってしまいます。

どのサーバーでも、お手入れをすることはとても大事!

業者がやってくれる定期的なメンテナンスだけではなく、その他にも自分で定期的にお手入れをすることが必要です。

水道直結型の浄水サーバーの場合は水道とつなげているホースに汚れが溜まりやすいですし、貯水型の場合はタンク内に汚れが繁殖してしまう傾向にあります。

そのため、毎回ウォーターパックを交換するウォーターサーバーよりも浄水サーバーの方が、雑菌やばい菌が繁殖しやすいと言われています。

違い7.自宅内、会社内でのスペース

浄水サーバーやウォーターサーバーを設置する場合は、自宅や会社内でのスペースを考えなければなりません。

ウォーターサーバーを契約するときには、ウォーターサーバー本体の置き場所・未使用のウォーターパックと使用済みのウォーターパックの置き場所を準備しておく必要があります。

最近ではコンパクトなスタンドタイプのウォーターサーバーも発売されていますが、やはり全く邪魔にならないというわけではありません。

実際に使用している人にお話を聞くと、本体よりもウォーターパック置き場に困ってしまうという声が多いです。

しかしながら、浄水サーバーはウォーターサーバーに比べて、場所を取りません。

水道直結型の場合は蛇口の近くにしか設置できないので、キッチンスペースという限られた場所に設置しなければなりません。

「置き場所があまりない」「スペースが限られている」という人は、卓上型が主流の浄水サーバーをおすすめします。

以上、浄水サーバーとウォーターサーバーには、4つの大きな違いがあることが分かりました。

違いを十分に理解した上で、どちらがご家庭に合っているのかを考えていきましょう。

一度契約をしてしまうと、一定期間解約ができなかったり、解約するときにお金がかかってしまうケースもありますので、慎重に選んでくださいね。

【結論】自分には、浄水サーバーとウォーターサーバーどちらが合うの?

ここまで、浄水サーバーについて詳しくお話をしてきました。

色々と知ったからこそ、浄水サーバーが良いのか、ウォーターサーバーが適しているのか分からなくなってしまったという人も少なくありません。

結論、自分には浄水サーバーとウォーターサーバーのどちらが適しているのでしょうか?

ご自分に置き換えて、考えてみましょう。

浄水サーバーはこんな人におすすめ!

  • ウォーターサーバーはコストがかかるから、諦めた
  • 美味しいお水をたくさん飲みたい
  • いつでも冷水・温水を飲み分けたい
  • 設置場所を取らなくて済む
  • できるだけコストをかけずに、美味しいお水が飲みたい
  • 引越し予定がないから、工事が必要になっても心配ない
  • 会社で使うものを探している
  • ウォーターパックの置き場がない人
  • 子供に触らせたくない人

ウォーターサーバーはこんな人におすすめ!

  • 天然水が飲みたい人
  • リビングに設置したい人
  • キッチンスペースが狭い人
  • 初期工事が必要のないサーバーにしたい人
  • 採水地など、水にとことんこだわりたい人

あなたはどれに当てはまりますか?

浄水サーバーもウォーターサーバーもそれぞれに、良い点悪い点がありますので、どちらが自分に合っているのかを吟味してくださいね。

おすすめの浄水サーバーをご紹介します!

「浄水サーバーを購入しようと思うんだけど、どのメーカーが良いんだろう?」「おすすめの浄水サーバーを教えて欲しい」という人のために、商品を厳選してご紹介していきます。

ぜひ、浄水サーバー選びの時に、参考にしてくださいね。

高機能の浄水装置!ナノラピア ネオ

浄水サーバーの中でも、特に人気なのは「ナノラピア ネオ」です。

機能と価格のベストバランスを売りにしているとのことで、まさにお手頃価格で機能性も満足できる商品となっています。

高機能のナノトラップフィルターが付いているので、不純物を高確率で取り除くことができるのは素晴らしいですよね。

浄水サーバーは定額制となっているので、毎月の支払いはレンタル代だけというシンプルさ!

場所を取らないコンパクトサイズとなっているので、冷蔵庫と電子レンジの間にもスッポリと入るサイズ感が口コミでも評判になっています。

工事やメンテナンス料金もレンタル料金に含まれているので、余計なお金がかからないのもメリットですね。

ナノラピア ネオを実際に使用した人の口コミを見てみると

  • 場所を取らないから、狭いキッチンでも設置できた
  • 水道水よりグンと美味しいから、家族がゴクゴク飲んでくれる
  • シンプルなデザインだから、キッチンに溶け込みやすい

このように、良い口コミがたくさん見られます。

キッチンがそれほど広くなくても、「ナノラピア ネオ」は設置できるので、ぜひご検討下さい。

ダイオーズの浄水サーバー「ピュアウェーブ」

ホームページで、原水は名水である必要がないと書いてある通り、ピュアウェーブは高機能のROフィルターで、水道水も美味しい水に変えてくれると評判です。

ROフィルターとは、NASA採用の最先端の浄水システムで、活性炭と逆浸透膜のコンビネーションで上質な水を作り上げる仕組みとなっています。

赤ちゃんはもちろんこと、薬の服用の際でも安心してお飲み頂けるのが魅力です。

ROフィルターの機能をきちんと活用するためには、定期的なメンテナンスとフィルター交換が必要となりますが、その分の料金も毎月の料金に含まれているので、コスト的な心配も必要ありません。

企業でピュアウェ-ブを使っているところも多く、こんな声が聞こえてきます。

  • 空のウォーターパックを置いておく場所を探す必要がなくて、快適
  • イレギュラー注文の発注業務が無くなって、嬉しい
  • 思った以上に美味しい
  • 定額制なので、どんどん飲める

取りつけも簡単なので、初期工事に時間と手間を取られる必要はありません。

人気の機種だからこそ、ぜひ候補の1つに入れておきたいものですね。

スタンドと卓上タイプがある!楽水ウォーターサーバー

水道水を浄水に変えるタイプのウォーターサーバーは、卓上タイプが多い中、こちらの商品はスタンドタイプと卓上タイプがあります。

自宅の様式や個人の好みによって、どちらか選んで頂けるのがいいですね。

初期費用は別途かかってしまいますが、月々3500円(税別)~のお得なプランがあるので、浄水サーバー初心者の方でも使いやすいというメリットがあります。

クリーン機能・チャイルドロック・コントロールパネル・ECOモードなどの充実の機能が搭載されているので、実際に使用した人の口コミ評価も高いです。

ホームページを見てみると、実際の施工例もたくさん載っていますが、マンション・アパート・一軒家・オフィス・小学校など、さまざまな場所に設置されていることが分かります。

実績は間違いありませんので、気になる方はホームページを見てチェックしてください!

充実のRO水飲み放題!クール・クー

水道水をおいしいRO水に変えるROろ過コースとRO水に水素をプラスした女性におすすめのROろ過水素水コースがあります。

不純物はもちろんこと、環境ホルモンにも配慮したRO水を作り上げるためには、年1回のメンテナンスが必要不可欠ですが、そちらも無料で行ってくれるので安心ですね。

口コミ評価を確認してみると、「宅配水から変えてから、とてもらくちん」「水素水がこんなに安い値段で飲めることにビックリ」という声が聞かれます。

美容と健康のために、水素水を毎日飲んでいきたいという人には、クール・クーはおすすめです。

浄水サーバーに関する素朴な疑問を解決!

現在、浄水サーバーよりもウォーターサーバーの方が設置件数は多いかもしれません。

しかしながら、浄水サーバーの件数が増えているのは事実。

浄水サーバーを契約する前に、疑問があるのならきちんと解決をしておくべきです。

特に一定の契約期間が設けられている浄水サーバーの場合は、一度設置してすぐに撤去する場合に高い解約料を取られてしまうことがあります。

ですから、疑問はここで解決していきましょう!

Q賃貸住宅でも、設置工事は可能なの?

答えは、可能です。

浄水サーバー契約時に初期工事が必要となり、工事と聞くと賃貸住宅にお住まいの方は、躊躇してしまう場合も少なくありません。

しかしながら、浄水サーバーの初期工事、いわゆる取り付けに関してはそれほど複雑な工事ではありませんので、ご安心下さい。

水道管の分岐点に、器具を取り付けるだけという簡単な工事なので、賃貸住宅の場合でも工事が可能です。

ただし、古い物件の場合は取りつけが不可能がありますので、一度現場の下見が必要となることもあります。

Q 全国各地で対応してくれるの?

メーカーによって、全国対応しているところもあれば、関東圏のみの対応となっているところもあります。

今後浄水サーバーの展開と共に、対応地域も確実に伸びていくことでしょう。

現在は、ホームページで対応地域をきちんと確認した上で、メーカーを絞っていきましょう。

Q 美味しいの?

水道水に比べて、とても美味しいと思います。

ただし、天然水とは訳が違います。

あくまでも水道水をろ過して浄水にしたものであり、採水地によってミネラル含有量や味わいも異なります。

味の好みは人によって違いますので、何とも言えませんが、美味しいのは間違いありません。

宅配水とは違うメリットが!浄水サーバーを便利に使おう

いかがでしたか?

今回は「宅配水とは違う!浄水サーバーの魅力」についてお話をしました。

浄水サーバーの最大の特徴であり、魅力は「使い放題・飲み放題」という点です。

水道と直結するタイプも水道水を一度タンクに溜めるタイプも、水道水が出る限りは使い放題です。

宅配を受け取る手間も、ウォーターパックを交換する手間もない浄水サーバーは、実際に使ってみるととても便利との口コミが多数あります。

企業や同居家族が3人以上の場合は、どうしても水の使用量も多くなりますので、ぜひ浄水サーバーをご検討なさってください。